カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
恋するエクソシスト
☆第5巻5/17発売☆
恋するエクソシスト(Regalo)
『恋するエクソシスト』

恋するエクソシスト 2 (Regalo)
『恋するエクソシスト2』

恋するエクソシスト3 (レガロシリーズ)
『恋するエクソシスト3』

恋するエクソシスト4 (レガロシリーズ)
『恋するエクソシスト4』

恋するエクソシスト5 (レガロシリーズ)
『恋するエクソシスト5』
鍵屋甘味処改(完結)
2017/1/20第5巻発売
鍵屋甘味処改 天才鍵師と野良猫少女の甘くない日常 (集英社オレンジ文庫)
一巻

鍵屋甘味処改 2 猫と宝箱 (集英社オレンジ文庫)
二巻

鍵屋甘味処改  3 子猫の恋わずらい (集英社オレンジ文庫)
三巻

鍵屋甘味処改 4 夏色子猫と和菓子乙女 (集英社オレンジ文庫)
四巻

鍵屋甘味処改 5 野良猫少女の卒業 (集英社オレンジ文庫)
五巻
お嬢様と執事見習いの尋常ならざる関係
1/20発売!
お嬢様と執事見習いの尋常ならざる関係 (一迅社文庫アイリス)
読み切り
『神隠しの森 とある男子高校生、夏の記憶』
神隠しの森 とある男子高校生、夏の記憶 (集英社オレンジ文庫)

『神神神は、罪に三度愛される』
神神神は、罪に三度愛される (朝日エアロ文庫)

『世界螺旋 -佐能探偵事務所の業務日記-』
世界螺旋 ―佐能探偵事務所の業務日記― (コバルト文庫)

『レドラナール恋物語 蜜色の花園』
レドラナール恋物語 蜜色の花園 (コバルト文庫 り 1-1)

第七帝国華やぎ隊(完結)
2016/1/20第2巻発売!
第七帝国華やぎ隊 その娘、飢えた獣につき (一迅社文庫アイリス)
一巻

第七帝国華やぎ隊 その恋、語ることなかれ (一迅社文庫アイリス)
二巻
狂伯爵と買われた花嫁(完結)
★全四巻★
狂伯爵と買われた花嫁-赤の婚礼- (仮) (一迅社文庫アイリス)
1巻

狂伯爵と買われた花嫁2 新婚旅行にご用心! (一迅社文庫 アイリス り)
2巻

狂伯爵と買われた花嫁3 不器用な蜜月 (一迅社文庫アイリス)
3巻

狂伯爵と買われた花嫁4 永遠を誓う愛の言葉を君に (一迅社文庫アイリス)
4巻
終焉の王国(読み切り)
10月21日続編発売!
終焉の王国
★読み切り★

終焉の王国2 偽りの乙女と赤の放浪者
★読み切り★
緋ノ刻印(完結)
緋ノ刻印
第一巻

緋ノ刻印 (2) (角川ビーンズ文庫)
二巻完結
恋エクドラマCD
恋するエクソシスト ドラマCD ~やくそくのばしょ~
『恋するエクソシスト やくそくのばしょ』
海上のミスティア(完結)
☆全12巻☆
海上のミスティア (一迅社文庫アイリス)
1巻

海上のミスティア道化師と恋に落ちた騎士 (一迅社文庫 アイリス り 1-4)
2巻

海上のミスティア黒の鎖と囚われの騎士 (一迅社文庫 アイリス り 1-5)
3巻

海上のミスティア―月の女神と永遠を謳う騎士 (一迅社文庫アイリス)
4巻

海上のミスティア 闇の使いと愛を語る騎士 (一迅社文庫 アイリス り 1-7)
5巻

海上のミスティア 暁の乙女と誓いの騎士 (一迅社文庫アイリス)
6巻

海上のミスティア 白き女神と悪夢をつむぐ王
7巻

海上のミスティア 恋の呪縛と略奪の騎士 (一迅社文庫 アイリス り)
8巻

海上のミスティア 二人目の婚約者と愛しき騎士 (一迅社文庫アイリス)
9巻

海上のミスティア いつわりの女王と沈黙の騎士 (一迅社文庫アイリス)
10巻

海上のミスティア 革命の女神と盤上の騎士 (一迅社文庫アイリス)
11巻

海上のミスティア 目覚めの乙女と虚構の王 (一迅社文庫アイリス)
12巻(完結)
花宵の人形師(完結)
花宵の人形師  あるじ様は今日も不機嫌 (角川ビーンズ文庫)
第一巻

花宵の人形師あるじ様と奪われたくちづけ (角川ビーンズ文庫)
第二巻

花宵の人形師    あるじ様の熱情 (角川ビーンズ文庫)
第三巻(完結)
華鬼シリーズ(書籍)

華鬼 終焉とはじまりの乙女 (Regalo)
番外編


華鬼

華鬼2

華鬼3 (Regalo)

華鬼4 (Regalo)

『華鬼』関連商品
華鬼 -恋い初める刻 永久の印ー 公式ビジュアルファンブック (B's-LOG COLLECTION)
ゲーム『華鬼』VFB

華鬼 ~恋い初める刻 永久の印~(通常版)
ゲーム『華鬼』 -通常版-

華鬼 ~恋い初める刻 永久の印~( 限定版: 設定原画集/ドラマCD 同梱)
ゲーム『華鬼』 -限定版-

華鬼~恋い初める刻 永久の印~ ドラマCD
ドラマCD

「華鬼」 DVD-BOX
『華鬼』DVD-BOX(※全話収録+特典付き)

華鬼プロローグDVD 華鬼×神無 編
プロローグDVD(華鬼×神無編)

華鬼プロローグDVD 麗二×もえぎ 編
プロローグDVD(麗二×もえぎ編)

華鬼プロローグDVD 響×桃子 編
プロローグDVD(響×桃子編)

華鬼―映画「華鬼」オフィシャルフォトブック
オフィシャルフォトブック

舞台「華鬼」DVD
舞台『華鬼』DVD

(仮)舞台「華鬼」3D&2D [Blu-ray]
(仮)舞台『華鬼』3D&2D [Blu-ray]

華鬼 ~恋い初める刻 永久の印~ ドラマCD 「スノウガーデン」
ドラマCD第二弾『華鬼~スノウガーデン~』

華鬼 ~夢のつづき~(通常版)
ゲームFD「華鬼~夢のつづき~」(通常版)

華鬼 ~夢のつづき~ (限定版:特典ドラマCD、オリジナル小冊子同梱)
ゲームFD「華鬼~夢のつづき~」(限定版)
ゲーム『華鬼』
時計塔の怪盗(完結)
時計塔の怪盗―白き月の乙女 (一迅社文庫 アイリス り 1-1)
-白き月の乙女-(前編)

時計塔の怪盗-黒き救いの御手 (一迅社文庫 アイリス り 1-2)
-黒き救いの御手-(後編)
リンク
その他リンク
 

ブログ内検索
ツイッター

<< 忙しくなりそうです main 映画:サイレントヒル、パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト >>
映画:ゲド戦記
2006-07-29-Sat
夏の旅行の予定を立てていたら冬のほうがはるかに簡単に決まりました☆
そういう事もある。
ああ、また夏が来るなぁ。


・パソコンの一部ソフトが起動不可能になりました(※二回目。
同ソフトが起動中にちょっと足を机にぶつけたらパソコン画面暗転→ログイン画面表示、そして起動後はソフトが機能しなくなりました。
いえーい。
ちょっと稼動しないとまずいソフトなのでひとまずデータのバックアップを取ってから行動しようと思ったら、バックアップの最中にパソコン暗転→ログイン画面再表示ー☆

……ぃぇーぃ。

ヤッバイぐらい怖かったです(ノ´∀`)ノ☆←持ち主も壊れた。
二回目にバックアップ成功。
一通りバックアップ取れたら該当ソフトを削除して再インストールしようと思います。
しかし、ウイスル駆除ソフトが動かないのは個人的にとっても困ります(汗)
先日日記でご紹介差し上げたオンラインスキャンを自分が使うハメになりそうな……。

ひとまずその前に試したほうがいい事があると聞いたので、そっちをチャレンジしてみよう。

……それにしても、どうしてこんなにパソコンに弱いのかなぁ……(遠い目。
やっぱりクラッシャーなのか……ちょっとまともになったのに、まだダメなのか(汗)
でも成長はしてるんですよ!
初めて買ったパソコンは一週間で再起不能にして工場出荷の状態まで戻したさ!
それから考えると成長した!
おうとも! ちょっと稼働時間が長くなってる!

いえーい、もうどこフォローしていいのかもわかんねーil||li _| ̄|○ il||l

とりあえず落ち着いて……いじろう。(伸るか反るかの選択肢。
ゲド戦記』を観にいきました。
上映したばかりの作品、さらにスタジオジブリ作とあって満席状態でした。
やっぱり原作のあるものは映画化するのが難しいのかと思った一作です。
過剰に期待してしまったので、きつめ+ネタバレ感想(白反転→)説明不足な場所と説明過多な場所があり、製作側がうまく作品を消化しきれていなかった印象。必要性を感じないシーンが多く含まれていたせいか、あまり長くない作品にもかかわらず冗長なイメージがあって残念でした。
龍が出てくる冒頭のシーンも決して入れなければいけないというものではなく、ストーリーに生かしきれていない。カッコいいシーンだっただけに見終わった後に「?」が残ります。派手さを求めたのか、別の意図があったのか……どちらにせよ閲覧者にまったく理解されないのは勿体なかったなと。中盤に猛烈な眠気に襲われたのは、あまりに起伏のない展開のためだったかもしれません。
本当に残念。もっともっとお話を練り込んで欲しかった。これほど脚光を浴びているならなおさら、観る人間を唸らせる作品にして欲しかった。
あああ、もう、残念でならないのですー!
次作! 期待いたしますっ
ここまで。

しかし、映像は独特で美しい。町のシーンは色鮮やかで目を奪われます。
やっぱりジブリ作品ですねぇ。












って、検索かけたら酷評がゴロゴロ出てきた(汗)
それだけ期待が大きかったという事ですね……。
映画 cm(2) tb(0)
Comment
 

やっぱりですか(笑

こんにちは~、まりもりまです。
やっぱり面白く無かったですか~(笑)私は、原作を数年前に全部読んじゃってたので、余り期待はしてませんでしたが…。原作に沿って突っ込むならば、ゴロゴロ出てきますよ…。アレンがあの年齢のとき、テルーは生まれていな(略)

コメントありがとうございます!

おお! まりもりまさん、いらっしゃいませ~v
原作を読んで映画を見たという方の感想を拝見したら、説明不足でむちゃくちゃだと書いてありました(汗)
読んでいない人は「なにが伝えたいのかわからない」と。命の大切さを説いているのだとは思うのですが、残念ながら心に響くものがなかったという事なのだと思います。

って、アレンとテルー、映画じゃ同世代……!!(汗)
ああ、ミステリーだ……。
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://risa2006.blog53.fc2.com/tb.php/130-7c505a52
| |