カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
『華鬼』文庫版
9/14(一巻) 10/14(二巻)
華鬼 (講談社文庫)
一巻

華鬼(2) (講談社文庫)
二巻
木津音紅葉はあきらめない
10/20発売!
木津音紅葉はあきらめない (集英社オレンジ文庫)
恋するエクソシスト
☆第5巻5/17発売☆
恋するエクソシスト(Regalo)
『恋するエクソシスト』

恋するエクソシスト 2 (Regalo)
『恋するエクソシスト2』

恋するエクソシスト3 (レガロシリーズ)
『恋するエクソシスト3』

恋するエクソシスト4 (レガロシリーズ)
『恋するエクソシスト4』

恋するエクソシスト5 (レガロシリーズ)
『恋するエクソシスト5』
鍵屋甘味処改(完結)
2017/1/20第5巻発売
鍵屋甘味処改 天才鍵師と野良猫少女の甘くない日常 (集英社オレンジ文庫)
一巻

鍵屋甘味処改 2 猫と宝箱 (集英社オレンジ文庫)
二巻

鍵屋甘味処改  3 子猫の恋わずらい (集英社オレンジ文庫)
三巻

鍵屋甘味処改 4 夏色子猫と和菓子乙女 (集英社オレンジ文庫)
四巻

鍵屋甘味処改 5 野良猫少女の卒業 (集英社オレンジ文庫)
五巻
お嬢様と執事見習いの尋常ならざる関係
1/20発売!
お嬢様と執事見習いの尋常ならざる関係 (一迅社文庫アイリス)
読み切り
『神隠しの森 とある男子高校生、夏の記憶』
神隠しの森 とある男子高校生、夏の記憶 (集英社オレンジ文庫)

『神神神は、罪に三度愛される』
神神神は、罪に三度愛される (朝日エアロ文庫)

『世界螺旋 -佐能探偵事務所の業務日記-』
世界螺旋 ―佐能探偵事務所の業務日記― (コバルト文庫)

『レドラナール恋物語 蜜色の花園』
レドラナール恋物語 蜜色の花園 (コバルト文庫 り 1-1)

第七帝国華やぎ隊(完結)
2016/1/20第2巻発売!
第七帝国華やぎ隊 その娘、飢えた獣につき (一迅社文庫アイリス)
一巻

第七帝国華やぎ隊 その恋、語ることなかれ (一迅社文庫アイリス)
二巻
狂伯爵と買われた花嫁(完結)
★全四巻★
狂伯爵と買われた花嫁-赤の婚礼- (仮) (一迅社文庫アイリス)
1巻

狂伯爵と買われた花嫁2 新婚旅行にご用心! (一迅社文庫 アイリス り)
2巻

狂伯爵と買われた花嫁3 不器用な蜜月 (一迅社文庫アイリス)
3巻

狂伯爵と買われた花嫁4 永遠を誓う愛の言葉を君に (一迅社文庫アイリス)
4巻
終焉の王国(読み切り)
10月21日続編発売!
終焉の王国
★読み切り★

終焉の王国2 偽りの乙女と赤の放浪者
★読み切り★
緋ノ刻印(完結)
緋ノ刻印
第一巻

緋ノ刻印 (2) (角川ビーンズ文庫)
二巻完結
恋エクドラマCD
恋するエクソシスト ドラマCD ~やくそくのばしょ~
『恋するエクソシスト やくそくのばしょ』
海上のミスティア(完結)
☆全12巻☆
海上のミスティア (一迅社文庫アイリス)
1巻

海上のミスティア道化師と恋に落ちた騎士 (一迅社文庫 アイリス り 1-4)
2巻

海上のミスティア黒の鎖と囚われの騎士 (一迅社文庫 アイリス り 1-5)
3巻

海上のミスティア―月の女神と永遠を謳う騎士 (一迅社文庫アイリス)
4巻

海上のミスティア 闇の使いと愛を語る騎士 (一迅社文庫 アイリス り 1-7)
5巻

海上のミスティア 暁の乙女と誓いの騎士 (一迅社文庫アイリス)
6巻

海上のミスティア 白き女神と悪夢をつむぐ王
7巻

海上のミスティア 恋の呪縛と略奪の騎士 (一迅社文庫 アイリス り)
8巻

海上のミスティア 二人目の婚約者と愛しき騎士 (一迅社文庫アイリス)
9巻

海上のミスティア いつわりの女王と沈黙の騎士 (一迅社文庫アイリス)
10巻

海上のミスティア 革命の女神と盤上の騎士 (一迅社文庫アイリス)
11巻

海上のミスティア 目覚めの乙女と虚構の王 (一迅社文庫アイリス)
12巻(完結)
花宵の人形師(完結)
花宵の人形師  あるじ様は今日も不機嫌 (角川ビーンズ文庫)
第一巻

花宵の人形師あるじ様と奪われたくちづけ (角川ビーンズ文庫)
第二巻

花宵の人形師    あるじ様の熱情 (角川ビーンズ文庫)
第三巻(完結)
華鬼シリーズ(書籍)

華鬼 終焉とはじまりの乙女 (Regalo)
番外編


華鬼

華鬼2

華鬼3 (Regalo)

華鬼4 (Regalo)

『華鬼』関連商品
華鬼 -恋い初める刻 永久の印ー 公式ビジュアルファンブック (B's-LOG COLLECTION)
ゲーム『華鬼』VFB

華鬼 ~恋い初める刻 永久の印~(通常版)
ゲーム『華鬼』 -通常版-

華鬼 ~恋い初める刻 永久の印~( 限定版: 設定原画集/ドラマCD 同梱)
ゲーム『華鬼』 -限定版-

華鬼~恋い初める刻 永久の印~ ドラマCD
ドラマCD

「華鬼」 DVD-BOX
『華鬼』DVD-BOX(※全話収録+特典付き)

華鬼プロローグDVD 華鬼×神無 編
プロローグDVD(華鬼×神無編)

華鬼プロローグDVD 麗二×もえぎ 編
プロローグDVD(麗二×もえぎ編)

華鬼プロローグDVD 響×桃子 編
プロローグDVD(響×桃子編)

華鬼―映画「華鬼」オフィシャルフォトブック
オフィシャルフォトブック

舞台「華鬼」DVD
舞台『華鬼』DVD

(仮)舞台「華鬼」3D&2D [Blu-ray]
(仮)舞台『華鬼』3D&2D [Blu-ray]

華鬼 ~恋い初める刻 永久の印~ ドラマCD 「スノウガーデン」
ドラマCD第二弾『華鬼~スノウガーデン~』

華鬼 ~夢のつづき~(通常版)
ゲームFD「華鬼~夢のつづき~」(通常版)

華鬼 ~夢のつづき~ (限定版:特典ドラマCD、オリジナル小冊子同梱)
ゲームFD「華鬼~夢のつづき~」(限定版)
ゲーム『華鬼』
時計塔の怪盗(完結)
時計塔の怪盗―白き月の乙女 (一迅社文庫 アイリス り 1-1)
-白き月の乙女-(前編)

時計塔の怪盗-黒き救いの御手 (一迅社文庫 アイリス り 1-2)
-黒き救いの御手-(後編)
リンク
その他リンク
 

ブログ内検索
ツイッター

<< もうすぐです。 main なんかねぇ、どうもねぇ……。 >>
Q&A
2006-11-02-Thu
久々に日記SS『華鬼』
Q.三翼は華鬼と神無がいっしょに寝てるって知ってる?

って、質問を以前に頂いたので↓
 片付けをしていると可愛らしいカントリー調の家具が載ったカタログが新聞のあいだから滑り落ちてきた。
「なにー?」
 光晴がそれを拾いあげると、窓を拭いていた水羽が興味津々で彼の元まで近づいていく。
「通販カタログ?」
「いや、お店でもらったもんやろ。あ、チェック入っとる」
「クローゼット、洋服ダンス、食器棚にテーブル、椅子、……応接セットもあるんだ? そろえると可愛いかも」
「私はもうちょっと静かなのが好みですね」
 いつの間にやってきたのか、麗二までカタログを覗き込んでそんな言葉を口にする。
「麗ちゃんなら和風やろ」
「機能を重視したシンプルなのも好きですよ。こういうのはもえぎさんの好みですねぇ」
 雑巾片手にそう笑うと、あら、と遠くから聞き馴染んだ声が聞こえてきた。
「まあ、おサボリですか?」
「ちゃうちゃう! ほら、カタログ見つけてな? 資源ゴミに出してええのかわからんかったから確認しとったんや」
 光晴が慌ててカタログを突き出すと、もえぎは表紙を確認して頷いた。
「もうそれ、必要ないみたいです」
「いらんの? とっといたんやないのか?」
「そのつもりだったんですけど、どうやらいらないみたいなんです。神無さんに確認したらそう言われて」
「神無ちゃん?」
「はい。四階の神無さんのお部屋、ベッドがなくて……必要なら入れましょうかって訊いたんですが、不要だったみたいで」
 嬉しそうに告げるもえぎの言葉にカタログの表紙を見ていた三人の視線がいっせいに彼女に向いた。一度も見に行ったことはないが、四階にダイニングキッチンや物置、風呂、寝室があることは予想できる。さらに神無の部屋までもうけたと言うのは、もえぎなりの配慮の現われなのだろう。
 しかし、もえぎの発言で別の疑問が生まれる。
「一応、鬼頭にも確認を取ったんですが、やっぱりいらないって言われて」
 実に嬉しそうな彼女の言葉に、三人は今まで一度たりとも疑ったことのない疑念を抱いた。あってしかるべきものが、まさか四階に一つしかないなどそんな馬鹿な話が――。
「もえぎさん、一つ宜しいでしょうか?」
「はい」
 微妙に状況を理解しつつ麗二は顔を引きつらせて言葉を続けた。
「まさか四階って、ベッドが一台?」
「ええ、ダブルベッドが一台。あとはソファーベッドも居間においてありますが」
 ほっと安堵の息をつく三人に、もえぎは小首を傾げる。
「なーんだ。ボク、変な勘違いしちゃったよ」
「もえぎさんも思わせぶりなんだから」
「何がですか?」
「ベッドが二台あるんですよね?」
「ええ、一応はそういう計算で……でもお布団は一組ですよ」
 平然ともえぎに返され麗二の笑顔は瞬時に凍りつく。当然だが、光晴と水羽も耳を疑うように目を見開き動きをとめていた。
 彼女の言葉通りなら、いくつかの可能性が思い浮かぶ。
 一つは華鬼が神無にベッドをゆずり、ソファーで眠ったか。
 一つはその逆に神無が華鬼にベッドをゆずったか。
 しかし、いくらなんでもこの時期に布団なしで眠るのは寒すぎる。空調を管理して寒さをしのぐことも可能だが、それも限界というものがある。服を着こんで眠ることもできるだろうが、それでは到底体が休まるとは思えないし、あの二人がそういう行動を取る姿がどうしても想像できなかった。
 三人は腕を組んだまま顔を突き合わせ、地の底から響くような唸り声をあげた。
「……つまり?」
「いや! なんも言うな! オレはなんも聞きとうない!」
「……しかし、これは」
「言うなー!!」
 女とくれば誰彼かまわず手を出していたのが過去の華鬼である。か弱い少女の抵抗などあってないようなもので、日ごろの行いを考えればピンク色の妄想は留まることはない。
 当然のことながら、噂にあがっているあの二人が、ものの見事にベッドを本来の目的どおりに使用しているなど今の彼らには知る由もなかった。
 よって。
「……闇討ちですか」
「せやな。ここは男らしゅう闇討ちやなっ」
 呆れる二つの視線に気付きもせずに、ここに妙な闘志が二つ、ちょっと歪みながら燃える結末となる。
 実行されたかは、――謎。
小説裏話 cm(4) tb(0)
Comment
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>Kさん
くださいー!!
ありがとうございます、くださいー!!
お早いお返事感謝ですっ
管理はちゃんとしておかなければと痛感しました(涙)
非公開でこちらに貼り付けか、メールの本文に貼り付けか……Kさんの利用しやすい方法で送っていただけると嬉しいです。
本当に助かりました!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>Kさん
確認いたしました!!
ありがとうございましたv
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://risa2006.blog53.fc2.com/tb.php/199-bcaa63bc
| |