カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
恋するエクソシスト
☆第5巻5/17発売☆
恋するエクソシスト(Regalo)
『恋するエクソシスト』

恋するエクソシスト 2 (Regalo)
『恋するエクソシスト2』

恋するエクソシスト3 (レガロシリーズ)
『恋するエクソシスト3』

恋するエクソシスト4 (レガロシリーズ)
『恋するエクソシスト4』

恋するエクソシスト5 (レガロシリーズ)
『恋するエクソシスト5』
鍵屋甘味処改(完結)
2017/1/20第5巻発売
鍵屋甘味処改 天才鍵師と野良猫少女の甘くない日常 (集英社オレンジ文庫)
一巻

鍵屋甘味処改 2 猫と宝箱 (集英社オレンジ文庫)
二巻

鍵屋甘味処改  3 子猫の恋わずらい (集英社オレンジ文庫)
三巻

鍵屋甘味処改 4 夏色子猫と和菓子乙女 (集英社オレンジ文庫)
四巻

鍵屋甘味処改 5 野良猫少女の卒業 (集英社オレンジ文庫)
五巻
お嬢様と執事見習いの尋常ならざる関係
1/20発売!
お嬢様と執事見習いの尋常ならざる関係 (一迅社文庫アイリス)
読み切り
『神隠しの森 とある男子高校生、夏の記憶』
神隠しの森 とある男子高校生、夏の記憶 (集英社オレンジ文庫)

『神神神は、罪に三度愛される』
神神神は、罪に三度愛される (朝日エアロ文庫)

『世界螺旋 -佐能探偵事務所の業務日記-』
世界螺旋 ―佐能探偵事務所の業務日記― (コバルト文庫)

『レドラナール恋物語 蜜色の花園』
レドラナール恋物語 蜜色の花園 (コバルト文庫 り 1-1)

第七帝国華やぎ隊(完結)
2016/1/20第2巻発売!
第七帝国華やぎ隊 その娘、飢えた獣につき (一迅社文庫アイリス)
一巻

第七帝国華やぎ隊 その恋、語ることなかれ (一迅社文庫アイリス)
二巻
狂伯爵と買われた花嫁(完結)
★全四巻★
狂伯爵と買われた花嫁-赤の婚礼- (仮) (一迅社文庫アイリス)
1巻

狂伯爵と買われた花嫁2 新婚旅行にご用心! (一迅社文庫 アイリス り)
2巻

狂伯爵と買われた花嫁3 不器用な蜜月 (一迅社文庫アイリス)
3巻

狂伯爵と買われた花嫁4 永遠を誓う愛の言葉を君に (一迅社文庫アイリス)
4巻
終焉の王国(読み切り)
10月21日続編発売!
終焉の王国
★読み切り★

終焉の王国2 偽りの乙女と赤の放浪者
★読み切り★
緋ノ刻印(完結)
緋ノ刻印
第一巻

緋ノ刻印 (2) (角川ビーンズ文庫)
二巻完結
恋エクドラマCD
恋するエクソシスト ドラマCD ~やくそくのばしょ~
『恋するエクソシスト やくそくのばしょ』
海上のミスティア(完結)
☆全12巻☆
海上のミスティア (一迅社文庫アイリス)
1巻

海上のミスティア道化師と恋に落ちた騎士 (一迅社文庫 アイリス り 1-4)
2巻

海上のミスティア黒の鎖と囚われの騎士 (一迅社文庫 アイリス り 1-5)
3巻

海上のミスティア―月の女神と永遠を謳う騎士 (一迅社文庫アイリス)
4巻

海上のミスティア 闇の使いと愛を語る騎士 (一迅社文庫 アイリス り 1-7)
5巻

海上のミスティア 暁の乙女と誓いの騎士 (一迅社文庫アイリス)
6巻

海上のミスティア 白き女神と悪夢をつむぐ王
7巻

海上のミスティア 恋の呪縛と略奪の騎士 (一迅社文庫 アイリス り)
8巻

海上のミスティア 二人目の婚約者と愛しき騎士 (一迅社文庫アイリス)
9巻

海上のミスティア いつわりの女王と沈黙の騎士 (一迅社文庫アイリス)
10巻

海上のミスティア 革命の女神と盤上の騎士 (一迅社文庫アイリス)
11巻

海上のミスティア 目覚めの乙女と虚構の王 (一迅社文庫アイリス)
12巻(完結)
花宵の人形師(完結)
花宵の人形師  あるじ様は今日も不機嫌 (角川ビーンズ文庫)
第一巻

花宵の人形師あるじ様と奪われたくちづけ (角川ビーンズ文庫)
第二巻

花宵の人形師    あるじ様の熱情 (角川ビーンズ文庫)
第三巻(完結)
華鬼シリーズ(書籍)

華鬼 終焉とはじまりの乙女 (Regalo)
番外編


華鬼

華鬼2

華鬼3 (Regalo)

華鬼4 (Regalo)

『華鬼』関連商品
華鬼 -恋い初める刻 永久の印ー 公式ビジュアルファンブック (B's-LOG COLLECTION)
ゲーム『華鬼』VFB

華鬼 ~恋い初める刻 永久の印~(通常版)
ゲーム『華鬼』 -通常版-

華鬼 ~恋い初める刻 永久の印~( 限定版: 設定原画集/ドラマCD 同梱)
ゲーム『華鬼』 -限定版-

華鬼~恋い初める刻 永久の印~ ドラマCD
ドラマCD

「華鬼」 DVD-BOX
『華鬼』DVD-BOX(※全話収録+特典付き)

華鬼プロローグDVD 華鬼×神無 編
プロローグDVD(華鬼×神無編)

華鬼プロローグDVD 麗二×もえぎ 編
プロローグDVD(麗二×もえぎ編)

華鬼プロローグDVD 響×桃子 編
プロローグDVD(響×桃子編)

華鬼―映画「華鬼」オフィシャルフォトブック
オフィシャルフォトブック

舞台「華鬼」DVD
舞台『華鬼』DVD

(仮)舞台「華鬼」3D&2D [Blu-ray]
(仮)舞台『華鬼』3D&2D [Blu-ray]

華鬼 ~恋い初める刻 永久の印~ ドラマCD 「スノウガーデン」
ドラマCD第二弾『華鬼~スノウガーデン~』

華鬼 ~夢のつづき~(通常版)
ゲームFD「華鬼~夢のつづき~」(通常版)

華鬼 ~夢のつづき~ (限定版:特典ドラマCD、オリジナル小冊子同梱)
ゲームFD「華鬼~夢のつづき~」(限定版)
ゲーム『華鬼』
時計塔の怪盗(完結)
時計塔の怪盗―白き月の乙女 (一迅社文庫 アイリス り 1-1)
-白き月の乙女-(前編)

時計塔の怪盗-黒き救いの御手 (一迅社文庫 アイリス り 1-2)
-黒き救いの御手-(後編)
リンク
その他リンク
 

ブログ内検索
ツイッター

<< 映画:ハッピーフライト main 順番に書いてみる >>
スポンサーサイト
-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -
見つけた。
2008-12-14-Sun
ボツ作。
おそらく『なかよしさんにんぐみ』のロングバージョンにしようと思ってたんだと思います。
※途中で終わってます。
※微妙にクリスマスネタっぽいですが違います。

了解の人はクリックっ↓ +------+ + +------+

  『クロスバレンタイン』

  【一】

 真っ白に染まった窓の外を見て、光晴はふっと息を吐き出した。夕方から降りはじめた雪は夜半ら大雪となり、厚い層を成して大地を覆っている。
「寒いはずやな」
 外を眺めて肩をすくめる。光晴はボウルを手に窓の外をのぞき込んでからゆったりとした歩調でキッチンに戻った。
「光晴って普段は料理しないの? キッチン、傷一つないないね。調理器具もほとんどなし、包丁は箱に入ったまま、出てる食器はコップだけってありえない」
「……」
「うわ、この醤油、賞味期限切れてるじゃん! あ、酢も切れてる。ちょっとー冷蔵庫ミネラルウォーターと氷しか入ってないの? って、これまさか晩酌用なわけ!?」
「……」
「鬼ヶ里来る前は一人暮らししてたんでしょ? ご飯どうしてたの? まさか全部外食?」
「……水羽」
「いくらお金あるからっていってもさ、たまには自炊しようよ。あ、彼女がいたとかいう冗談は言わなくていいから。お互いに虚しくなるしね」
「おいこら水羽、さっきから家捜ししながら、なに適当なことほざいとる」
「んん? なんか間違ったこと言った?」
「いや、間違ったことは言ってへん……って、そうやなくて。なんでお前がここにおるんや」
「光晴がバレンタインのチョコ作りをはじめたから」
 食器棚を眺めながらの水羽の返答に光晴は眉をしかめた。バレンタインは女性から男性へ、愛を込めてチョコレートを送るイベントだ。しかし世界的には男女関係なく、恋人にプレゼントを贈る日という認識らしい。ならば、男から女にプレゼントを贈るのはこれといって不自然ではないということになる。これを踏まえた上で、光晴は神無の喜ぶ顔が見たいがために不慣れな手つきでキッチンに立っているのだ。
「オレがチョコ作るのに水羽が関係あるんか」
「チョコ、誰に渡すの?」
「神無ちゃんにもえぎちゃん、あとは執行部の女子と友達……うーん、どこまで渡すんが妥当なんかな」
 光晴がもえぎに出会ったのは彼女がまだ二十代前半のころだった。いまだにそのイメージで名を呼んでいる彼は、椅子に腰かけた水羽をちらりと見ながら指を折った。せっかくなら親しい相手にも配ろうと考えると意外に人数が多い。材料もラッピングの道具も充分用意したが、あまり幅広く渡すわけにはいかないだろう。
「ボクのは?」
「だーかーら、男にはやらん。お前はなんもせんでも本命でも義理でも、いくらでももらえるやろ」
「って言うと思って、ここで待機してるの」
「……待機って」
「光晴が作ったの、片っ端から味見しようかと思って」
「水羽」
「ボク、チョコレート好きだから。早めに食べられるって得した気分だよね」
 あくまでも食う気か、と光晴は顔を引きつらせる。義理だろうがなんだろうが、ようは口に入ればいいという発想であるのはその発言からも知れた。しかも底なしで食う気なのではと不安を覚えるほど、魔法瓶に茶まで用意して万全の態勢で臨んでいる。
「わかった、ちゃんと作る。だから味見はよせ」
「わかればよろしい」
「こ、こいつは……!」
「麗二のもいっしょに作ってね。もちろん華鬼のも」
「なんであんな奴のまで用意するんじゃ!?」
「一人だけのけ者にする気? 光晴って了見狭いの?」
「ぐっ」
 了見という問題ではない、ようは相性の問題だ。誰から見ても油と水の関係なのに、そんな相手にわざわざ手作りのお菓子を贈るというのはあまりに納得がいかない。そうは思ったが、ここで抗議するのも大人げないような気がして光晴は口をへの字に結んで水羽に背を向けた。
「塩でも入れたろか」
「姑息なことしてると男が廃《すた》るよ」
 ぼそりと口にすると、すかさず背後からツッコミが入る。光晴は笑顔を引きつらせて肩越しに水羽を見た。
「やるわけないやろ。冗談や、冗談」
 そんな流れで光晴は慣れないお菓子作りに着手した。バレンタイン間近の休日――決戦にもっとも近い休みのできごとである。


  【二】

 午前中をたっぷり潰し、テーブルの上にいびつなチョコを並べていく。
「いいか、つまみ食いはなしやから」
「食べないよ。……光晴ってセンスないの?」
「じゃっかあしい」
 頬杖をついて遠い目で繰り出された水羽の質問に、光晴は怒声を発してラッピング用に買ってきた箱と鮮やかな包装紙を引き寄せる。時季とあって素材には事欠かなかったが、配る量を考えればひとつたりとも無駄にできないのが現状だ。切れ味最高のハサミをかまえ、どうカットすれば一番効率的か悩みながら光晴は真剣な顔でファンシーな包装紙に向き直る。
「こんなに様にならない光晴ってはじめて見た」
 ギャラリーは盛大な溜息をついて肩をすくめている。
「ごつい男が、純白エプロンに三角巾して可愛いラッピング片手に仏頂面って、本当に笑えないよね、光晴」
「ほっとけ」
 確かにこういう格好は女性がするものだ。水羽あたりの容姿なら充分に可憐だからせめて彼がやるべきだろう。だがしかし、毛ほども手伝う気のない水羽は窓を見て、いまだに降り続く雪に視線をあてていた。
「オレ、こういうの苦手」
 おおざっぱな性格ではないのだが、指先が器用ではないため細かい作業はどうにも性に合わない。けれどせっかく作ったものをラッピングなしで手渡すわけにもいかず、肩を落としながらもう一度ハサミを握り直した。本当ならバレンタイン当日に間に合うように作ればいい。下心さえなければ、それで充分だ。
 だが。
「こういうのは先手必勝、早めに渡すほうが印象に残るんじゃ。誰よりも早くできたてを! 愛を込めて!!」
「光晴、聞こえてる」
「お、男なら正々堂々となっ」
「作ってる時点で正々堂々とはかけ離れてる気もするけどね」
 光晴は水羽に苦笑いを返され、すごすごとラッピング作業に入る。せっかくだから職棟の住人全員に渡せるよう作ってしまおうと腕まくりして、呆れる水羽を無視しせっせとチョコを箱につめて包装紙にくるんでいく。バレンタインならやはり情熱の赤、対極の色をあてると映えるというからリボンは緑、ラメが入っているほうが華やかだと思って選んだチョイスは、誰がどう見ても――。
「光晴、クリスマスは終わってるけど」
「せやな」
「組み合わせ間違えた?」
「かもしれん」
「……印象に残っていいんじゃないかな」
「おおきに」
 最後は水羽に同情の眼差しで言われ、光晴はできあがったばかりのクリスマスカラーのバレンタインチョコを目の前に項垂れたままうなずいた。しかし、外見は明らかに失敗したが中味は本の通りに作ってあるのだから、形は悪くとも味に問題はないはずだ。
「とりあえず渡しとくな」
 テーブルの上に置かれた「クリスマスカラーのバレンタインチョコ」の端を人差し指でつつっと押す光晴を見て水羽が眉根を寄せた。
「なんか受け取りにくいなぁ」
 ほしがっていたくせに何を贅沢な、と胸中で悪態をつきながら睨みつけると、水羽はちらと光晴の顔を見てから受け取る。
「お返し何がほしい?」
「安らぎかな」
「……いや、そこだけ本気で言われても」
 気づけばそれにもっとも遠い場所にいる男は、心底困惑する年若い同胞を見て溜息をつき、チョコレートを手にして立ち上がった。
小説裏話 cm(4) tb(0)
Comment
 

こんにちは

このお話、なんとなく見覚えがあるのです。
今年のバレンタインででませんでしたっけ?
(バレンタインなのにクリスマスカラーのラッピングというのが印象強くて)

たしか『元ネタは日記の小話』みたいな注意書きがあったし、その元ネタがこのお話かなっと思ったのですが。

コメントありがとうございます!

おおお、マジですか!?
すっかり忘れていました(汗)
ちょっとデータ探してきます。
フラッシュメモリの中にぽつんと入っていたので、このまま放置していたのだとばかり思ってました(簡単な流れだけ書いてあった)
十ヶ月たっているとは言え、こんなにきれいに忘れてるなんて――!!(驚愕)

はじめまして

はじめまして梨沙さま。いつも楽しくサイト拝見させて頂いてます。

私も水月さまと同じく、このお話、以前読んだ記憶があります。
確かそのときは、神無に渡しに行ったシーンまであった気がします。(そうしたら先に華鬼から渡されていて~みたいな)

もしかしたら後半部分は、別の話と勘違いしてるかもですが、水羽と光晴の会話や地の文など既視感があったので…。

コメントありがとうございます!

>サエさん
はじめまして! 書き込みありがとうございます。
あああ、思い出した!
そうそう、男二人でバレンタイン合戦でした!
……と書くと、なんだか妙に暑苦しい気持ちになりますね(汗)
簡単な展開をメモして放置してあるデータがあったので、本気で未完だったのかと思いました(そういうデータがゴロゴロある)
単純に忘れていて、あとで「うわーこんなの書いたっけ??」というボケ倒しもあるだけに、なんだかいろいろ怪しげな感じです(汗)
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://risa2006.blog53.fc2.com/tb.php/892-6753a949
| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。