カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
恋するエクソシスト
☆第5巻5/17発売☆
恋するエクソシスト(Regalo)
『恋するエクソシスト』

恋するエクソシスト 2 (Regalo)
『恋するエクソシスト2』

恋するエクソシスト3 (レガロシリーズ)
『恋するエクソシスト3』

恋するエクソシスト4 (レガロシリーズ)
『恋するエクソシスト4』

恋するエクソシスト5 (レガロシリーズ)
『恋するエクソシスト5』
鍵屋甘味処改(完結)
2017/1/20第5巻発売
鍵屋甘味処改 天才鍵師と野良猫少女の甘くない日常 (集英社オレンジ文庫)
一巻

鍵屋甘味処改 2 猫と宝箱 (集英社オレンジ文庫)
二巻

鍵屋甘味処改  3 子猫の恋わずらい (集英社オレンジ文庫)
三巻

鍵屋甘味処改 4 夏色子猫と和菓子乙女 (集英社オレンジ文庫)
四巻

鍵屋甘味処改 5 野良猫少女の卒業 (集英社オレンジ文庫)
五巻
お嬢様と執事見習いの尋常ならざる関係
1/20発売!
お嬢様と執事見習いの尋常ならざる関係 (一迅社文庫アイリス)
読み切り
『神隠しの森 とある男子高校生、夏の記憶』
神隠しの森 とある男子高校生、夏の記憶 (集英社オレンジ文庫)

『神神神は、罪に三度愛される』
神神神は、罪に三度愛される (朝日エアロ文庫)

『世界螺旋 -佐能探偵事務所の業務日記-』
世界螺旋 ―佐能探偵事務所の業務日記― (コバルト文庫)

『レドラナール恋物語 蜜色の花園』
レドラナール恋物語 蜜色の花園 (コバルト文庫 り 1-1)

第七帝国華やぎ隊(完結)
2016/1/20第2巻発売!
第七帝国華やぎ隊 その娘、飢えた獣につき (一迅社文庫アイリス)
一巻

第七帝国華やぎ隊 その恋、語ることなかれ (一迅社文庫アイリス)
二巻
狂伯爵と買われた花嫁(完結)
★全四巻★
狂伯爵と買われた花嫁-赤の婚礼- (仮) (一迅社文庫アイリス)
1巻

狂伯爵と買われた花嫁2 新婚旅行にご用心! (一迅社文庫 アイリス り)
2巻

狂伯爵と買われた花嫁3 不器用な蜜月 (一迅社文庫アイリス)
3巻

狂伯爵と買われた花嫁4 永遠を誓う愛の言葉を君に (一迅社文庫アイリス)
4巻
終焉の王国(読み切り)
10月21日続編発売!
終焉の王国
★読み切り★

終焉の王国2 偽りの乙女と赤の放浪者
★読み切り★
緋ノ刻印(完結)
緋ノ刻印
第一巻

緋ノ刻印 (2) (角川ビーンズ文庫)
二巻完結
恋エクドラマCD
恋するエクソシスト ドラマCD ~やくそくのばしょ~
『恋するエクソシスト やくそくのばしょ』
海上のミスティア(完結)
☆全12巻☆
海上のミスティア (一迅社文庫アイリス)
1巻

海上のミスティア道化師と恋に落ちた騎士 (一迅社文庫 アイリス り 1-4)
2巻

海上のミスティア黒の鎖と囚われの騎士 (一迅社文庫 アイリス り 1-5)
3巻

海上のミスティア―月の女神と永遠を謳う騎士 (一迅社文庫アイリス)
4巻

海上のミスティア 闇の使いと愛を語る騎士 (一迅社文庫 アイリス り 1-7)
5巻

海上のミスティア 暁の乙女と誓いの騎士 (一迅社文庫アイリス)
6巻

海上のミスティア 白き女神と悪夢をつむぐ王
7巻

海上のミスティア 恋の呪縛と略奪の騎士 (一迅社文庫 アイリス り)
8巻

海上のミスティア 二人目の婚約者と愛しき騎士 (一迅社文庫アイリス)
9巻

海上のミスティア いつわりの女王と沈黙の騎士 (一迅社文庫アイリス)
10巻

海上のミスティア 革命の女神と盤上の騎士 (一迅社文庫アイリス)
11巻

海上のミスティア 目覚めの乙女と虚構の王 (一迅社文庫アイリス)
12巻(完結)
花宵の人形師(完結)
花宵の人形師  あるじ様は今日も不機嫌 (角川ビーンズ文庫)
第一巻

花宵の人形師あるじ様と奪われたくちづけ (角川ビーンズ文庫)
第二巻

花宵の人形師    あるじ様の熱情 (角川ビーンズ文庫)
第三巻(完結)
華鬼シリーズ(書籍)

華鬼 終焉とはじまりの乙女 (Regalo)
番外編


華鬼

華鬼2

華鬼3 (Regalo)

華鬼4 (Regalo)

『華鬼』関連商品
華鬼 -恋い初める刻 永久の印ー 公式ビジュアルファンブック (B's-LOG COLLECTION)
ゲーム『華鬼』VFB

華鬼 ~恋い初める刻 永久の印~(通常版)
ゲーム『華鬼』 -通常版-

華鬼 ~恋い初める刻 永久の印~( 限定版: 設定原画集/ドラマCD 同梱)
ゲーム『華鬼』 -限定版-

華鬼~恋い初める刻 永久の印~ ドラマCD
ドラマCD

「華鬼」 DVD-BOX
『華鬼』DVD-BOX(※全話収録+特典付き)

華鬼プロローグDVD 華鬼×神無 編
プロローグDVD(華鬼×神無編)

華鬼プロローグDVD 麗二×もえぎ 編
プロローグDVD(麗二×もえぎ編)

華鬼プロローグDVD 響×桃子 編
プロローグDVD(響×桃子編)

華鬼―映画「華鬼」オフィシャルフォトブック
オフィシャルフォトブック

舞台「華鬼」DVD
舞台『華鬼』DVD

(仮)舞台「華鬼」3D&2D [Blu-ray]
(仮)舞台『華鬼』3D&2D [Blu-ray]

華鬼 ~恋い初める刻 永久の印~ ドラマCD 「スノウガーデン」
ドラマCD第二弾『華鬼~スノウガーデン~』

華鬼 ~夢のつづき~(通常版)
ゲームFD「華鬼~夢のつづき~」(通常版)

華鬼 ~夢のつづき~ (限定版:特典ドラマCD、オリジナル小冊子同梱)
ゲームFD「華鬼~夢のつづき~」(限定版)
ゲーム『華鬼』
時計塔の怪盗(完結)
時計塔の怪盗―白き月の乙女 (一迅社文庫 アイリス り 1-1)
-白き月の乙女-(前編)

時計塔の怪盗-黒き救いの御手 (一迅社文庫 アイリス り 1-2)
-黒き救いの御手-(後編)
リンク
その他リンク
 

ブログ内検索
ツイッター

<< ザカザカ走り回る main あんなことやそんなこと >>
映画:感染列島、誰も守ってくれない、ベンジャミン・バトン-数奇な人生-、余命、フェイク・シティ-ある男のルール-
2009-02-20-Fri
最近観にいった映画のまとめて感想。ネタバレ含んでおりますので全部白反転。

『感染列島』
わりとがんがんマスクをはずしている妻夫木くんに驚愕していました。いや、そこウイルスが……!?(←変なところが気になるタイプ)
あと、養鶏場のお嬢さんが、自分の家が鳥インフルエンザをばらまいた嫌疑をかけられて大変なときに遊びに行き、父親が自殺したという流れを見て「え?」と。いや、普通、家が大変なときに遊びに行くかなぁ。父親自殺で周りを責める気持ちは理解できるんですが、その前の流れが流れなので疑問が残る感じかも。
予想外にお話しが広がってびっくりした映画でした。


『誰も守ってくれない』
い、息苦しい映画でしたーーーー!!
すごいよ! どんどん追いつめられていく感が!!
でも日本ではカーチェイスは無理だと思うんだぜ☆
マスコミってあんなにアクティブだったんだーと誤ったことを考えていました。ええ、視点大間違いです(汗)
理性ではわかっていても制御できない感情、そしてネット社会の側面など、いろいろと興味深い物語でした。
しかし、あんなアバウトな刑事はいないと思います、……いないといいな(汗)
途中、相棒の彼が黒幕なのではと本気で思って見ていましたv


『ベンジャミン・バトン-数奇な人生-』
老いた体で生まれ、年をおうごとに若返っていく不思議な男の物語です。
老いたヒロインが娘に彼のつけた日記を読んでもらう。そうして彼の人生が語られていきます。
要所要所、見せ方がうまいなーというか、芸が細かいなーというか、よく考えられてるなぁと思う点がありまして、個人的には目が離せなかったです。
ブラッド・ピットが刻々と若返っていく様子も面白かった(絵的に)
肉体は若返り、症状は年を追う。
それは奇妙な人生であり、ごく普通の一生だった、という感じでしょうか。皺を伸ばせばなんのことはない、でも「数奇」には違いない。
最後、あそこまで行くとは思いませんでしたが(汗)
いやでも、胎児やそれ以前でなくてよかったというかなんというか。


『余命』
な、泣かせていただきました。涙腺の弱い管理人さんです☆
乳がん発見→私は不幸! と言ってるのを聞いて、いや乳がん大変だけどそれ以前のことは知らないからひとまずじっくり語ってはくれまいか、とこっそり思ってみたり。
結婚十年目でようやく子供を授かったのに乳がん再発、しかし生むのを反対されると思って夫には話さなかったり、出産前に夫を出張させたり、夫が出張から帰ってこないからと引き籠もったり、帰ってきたら八つ当たりしたりと「ちょっとまってぇえぇ!?」展開がありましたが……普通の旦那さんなら逆ギレしてそうでしたが。でも「死ぬのが怖い」のではなく「あなたに会えないかもしれない」と思ったのが怖いと言った雫(ヒロイン/松雪泰子)に「そうきたかぁあぁーーーー!!」と、萌えました(まて)
な、なんてピンポイントなんだ……。
松雪さんはきれいに泣く女優さんだなぁと惚れ惚れしていました。
泣くのって難しいんですよね。うん。


『フェイク・シティ-ある男のルール-』
黒幕は即行でわかりました。怪しすぎました(汗)
という感想はおいといて、ラドリー(キアヌ)が巻き込まれたある事件をもみ消すために周りがいろいろと手を貸してくれるんですが、その様子があまりに怪しく「きっとあとではめられちゃうんだ! これで不正をしたことになって状況がさらに悪化し、手に汗握る展開が! 展開が! 展開……あれー? あ、そうか! あの黒幕、ラドリーにすべて罪をなすりつけて上にあがっちゃえ☆ っていう話だよね! さあ! 緊迫する逃走劇&復讐劇カマーン!! さあ! こい! さあ! こ……ない?……あれー?」という衝撃の滑りっぷりでした。
あっぱれ!!
……。
あれ布石じゃなかったのか……orz
死亡フラグが立っていた人には見事にお約束の展開が訪れ、お話しもそれなりに筋が通っていて楽しめたんですが、何かが足りない気がしてならない映画でした。
汚い仕事をやってくれる便利屋がいれば世の中うまく回っちゃうんだよ、ってことなのか。
こんな警察はいらないなぁ(汗)
映画 cm(0) tb(0)
Comment
 

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://risa2006.blog53.fc2.com/tb.php/940-e9cf62be
| |